工場から転職

工場歴7年で未経験の僕が倍率100倍のIT転職に成功した方法

工場歴7年の僕が倍率50倍のIT転職に成功した方法【未経験でも可能】

こんにちは、トシハルです。

この記事は、これからIT業界に転職したいと考えている工場勤務の人に向けて書きました。

僕は7年間工場に勤めていましたが、「こんな薄暗い中、一生働き続けるのは絶対に嫌だ」と思い、転職活動を開始。

その結果、2社から内定をもらい、第一志望の会社でWebディレクターとして働くことになりました。

第一志望の会社は応募者200人以上、採用枠が2名という狭き門。その中で未経験の僕がどうやって内定を勝ち取ったのか。

この記事では、工場歴7年の僕が倍率100倍のIT転職に成功した方法を紹介します。

この記事を読むべき人

  • 工場からIT業界に転職したい人
  • 転職活動が思うように進まない人
  • 人生を変えたいと思っている人

工場歴7年の僕が倍率50倍のIT転職に成功した方法

工場勤務で未経験の僕が、なぜ倍率100倍以上の会社に内定をもらい、Webディレクターになることができたのか。

それは、準備と改善を繰り返したからです。具体的な行動は下記の5つ。

  • 毎週求人サイトを見る
  • 独学と発信を継続する
  • 書類をひたすら改善する
  • 自己理解をする
  • 面接の練習を必ずやる

順番に解説します。

毎週求人サイトを見る

求人サイトは週2回ほど更新されるので、毎週チェックしましょう。
そうすることで、自分が目指している業界の相場を知ることができます。

相場がわかれば、求人を見たときに「この会社の条件は良いのか、悪いのか」が判断できるので、後で後悔することも無くなりますよ。

ちなみに常に求人を出している会社は、離職率が高い傾向にあるので、要注意です。

独学と発信を継続する

未経験の分野に転職するなら、ここが最重要です。

会社は未経験者を採用するとき、現時点での実力は期待していません。それよりも

  • 継続して学習しているか
  • 自発的に学べる人か
  • 問題に対してどう対処するか

こういう部分を重視しています。

なので目標に向けて学習を継続してることや、こんな問題が発生したけどこんな風に乗り越えました、というのをTwitterやブログなどで発信しましょう。

ちなみに僕はこんな感じで発信をしていました。入社してから面接官に聞いたら、Twitterやブログで「今日はこれをやりました!」って継続して発信していたことが高評価だったそうです。

これを実践することで、書類選考や面接の通過率がグンと上がりますよ!

書類をひたすら改善する

書類選考を通過するには、改善を繰り返すのが1番です。

参考までに僕の書類選考の成績を公開すると、こんな感じ。

33社応募して15社合格、通過率は45%

けっこう通過率は高めです。しかし最初は落ちまくっており、何回も試行錯誤しました。

具体的に改善したポイントは、下記の3つです。

  1. 結論→理由(具体例)→結論の順序
  2. できるだけ簡潔に書く
  3. アピールポイントを見やすくする

「こんなの基本じゃん」と思うかもですが、その基本ができていないから落ちてしまうんですよね。

ぶっちゃけ、ネットで調べた志望動機や自己PRは長いし、採用担当は忙しいので細かいところまで見てくれません。

自分語りはできるだけ削り、読みやすい書類を作るように心がけましょう。

自己理解をする

これは実体験なのですが、僕は転職活動中に何度も「自分の本当にやりたいことは何なのか?」という疑問や迷いが生じました。

そのため転職の軸が定まらず、勉強もいろいろなことに手を出し、結果として転職するまでに8ヶ月もかかってしまったんですね。

なので転職活動をする際は、自分の人生の軸を1本決め、それに合う職種や企業を探すことをオススメします。

自己理解を深めるには、こちらの本がオススメです。

面接の練習を必ずやる

面接練習は、面倒でも必ずやりましょう。

実は僕自身、はじめは面接練習を甘くみており、ほとんどぶっつけ本番で面接を受けていたんですね。

しかし1次や最終面接で落ちてしまうことが多く、その理由はほとんど自分のミスによるもの。

このままではダメだと思い、下記のような面接練習を始めました。

  • よくある質問の回答を全て書き出す
  • 回答は簡潔にまとめ、長くても1分以内
  • 全ての回答を録音や録画しながら話す

さらに本番が終わったあと、こうすればよかったな〜と思う点をメモに書き、回答をブラッシュアップしていきました。

このような練習を続けた結果、みるみるうちに面接が合格していったので、あまり練習していないという人はぜひやってみてください。

転職サイトとエージェントを使い分けよう

ここまで読んだ方は、「内定をもらう方法はわかったけど、じゃあ何を使って転職するのがいいんだろう」と思うはず。

そこでオススメなのが、自分の状況によって転職サイトと転職エージェントを使い分ける方法です。

ここでは、状況別にオススメの方法を解説していきます。

転職サイトを使うべき人

結論から言うと、時間に余裕がある人です。

転職サイトは履歴書・職務経歴書の改善、求人探し、企業との日程調整メールなど、全て自分でやらなければいけません。

そのため、転職するまでに3〜6ヶ月かかるのは普通で、エージェントに比べて時間がかかります。

なので転職サイトは、現在会社に勤めており、転職を急いでいない人に向いています。
また自分でいろいろな求人を見て、じっくり比較検討したい人もいいですね。

僕が主に使っていた転職サイトは以下の2つ。

実際にこの2つを使い、エン転職で1社、マイナビ転職で1社内定をもらいました。

それぞれ求人が違うので、2つとも登録して同時進行が効率よく進めるポイントです。

転職エージェントより有利な点

転職サイトはエージェントに比べて、条件の良い会社を見つけやすいです。
その理由は、転職エージェントの裏側を知ると理解できます。

転職エージェントは無料で使える代わりに、「転職が成功した人の年収の30%」のようなマージン(手数料)を、転職先の会社から受け取っています。

つまりエージェントは、転職者が受かりやすそうな難易度が低い企業を紹介し、転職を早く成功させて利益を得ようとするんですね。

なので少しでも条件の良い会社を見つけるには、転職サイトから自分で探したほうが良いでしょう。

転職エージェントを使うべき人

転職エージェントは時間に余裕がない人や、手厚いサポートを受けたい人にオススメです。

  • すでに退職しており、早く次の会社を見つけたい
  • 現職が忙しく、転職活動と勉強の両立が大変
  • 履歴書の書き方や、面接練習をサポートしてほしい

こういった人は、エージェントを利用すると良いでしょう。

転職エージェントは下記が定番です。

エージェントの質は担当者によって差があるので、2つとも利用してみて、相性の良いほうを選ぶと良いでしょう。

転職サイトより有利な点

エージェントの良いところは、求人サイトには無い非公開の求人を紹介してもらえる点です。

求人サイトは全国の求職者が見ているため、良い求人には応募が殺到しますよね。

しかし非公開であれば、エージェントが紹介した人だけが応募できるため、ライバルは少ないし合格率も上がります。

そういった特典を上手く利用しましょう。

企業サイトやSNSも有効

意外に穴場なのが、企業サイトやSNSから応募する方法。

たとえば「総武線 エンジニア 募集」のように、路線や地域名+職種+募集(求人)と検索することで、求人サイトには載っていない企業も見つけることができます。

SNSを使うなら、Twitter検索で「エンジニア 募集」と入れて探し、経営者や人事の採用担当者に連絡を取るのも1つの手です。

この2つの方法は、求人を出すお金はないけど、人手が足りていない中小企業に効果的。

ただし仲介者がいないため、労働条件や仕事内容をくわしく聞き、ブラック企業じゃないかどうかを確認しておきましょう。

IT転職で人生を変えよう

人生を変える、というと少し大げさだと思うかもしれません。
しかし、僕は間違いなく変わりました。

  • 基本給18万→27万
  • 肉体労働→デスクワーク
  • 毎日出勤→リモートワーク
  • 日系→グローバル

上記のとおり。仕事をしながら学べるし、最高です。

人生を変える方法→継続して学習する

結論、人生を変えるには継続して学習するしかありません。

僕が上記のように人生を変えられたのも、4年前からコツコツと勉強を続けてきたからです。

継続は習慣にする

4年間も続けるなんて、、、無理。
と思うかもですが、それは勘違いです。

たとえばゲーム好きの人なら、毎日家に帰ったらゲーム機の電源を入れるはず。

これを、家に帰ったらまずPCの電源を入れ、15分間プログラミング学習してからゲームをする、という習慣にしたらどうでしょう。

「それならできそうかも…」と思いませんか?

1日15分でも、365日続けたら年間約90時間。30分頑張れば、年間180時間です。

僕は人生を変えるまでに4年かかりましたが、早い人なら1年で変わりますよ。

習慣の力をうまく利用し、継続学習で人生を変えましょう!

タイトルとURLをコピーしました